行政書士 茂村潔事務所|湘南・茅ヶ崎

中国語通訳が在籍、初回相談は無料。相続関係・入国管理・在留資格取得ならお任せください|神奈川県茅ヶ崎市

ホームスタッフブログ ≫ 善意と悪意 ≫

善意と悪意

attorneys-badge
8月になりました。いきなりの猛暑です。梅雨明けが遅かったので特にそう感じるのかも知れません。ジメジメした梅雨空の影響で関東の異常に少なかった7月の日照時間を一気に取り返すかのような直射日光、夏はこうでなくちゃと思いますが、老体には堪えます。
さてタイトルの善意と悪意、法律を勉強すると民法で出くわす単語です。一般に使われている善意は善良な心、相手を思う心という意味で、悪意は他人に害を与えようとする心といった意味でつかわれていると思います。ところが法律の世界では善意はある事実を知らない事悪意はある事実を知っている事という意味になります。初めて聞いた時はへーと思いましたね。代表的条文民法96条3項 詐欺による意思表示の取り消しは善意の第三者に対抗することが出来ない。と書かれています。詐欺によって騙された人は取り消しを主張する事ができるが、そのことを知らない第三者の人には主張できないよという条文です。(この第三者を説明する有名な判例がありますがここでは割愛します) AさんがBさんを騙して土地を買いたたき、Bさんがあるときに騙されたと気づいたら、ふざけるなと売買契約を取り消したくなりますよね。それが普通です。ところがその土地がすでにCさんという別の人に売られていた場合、Cさんが購入した土地がまさかAさんがBさんを騙して買い上げた土地だと知らない時、もうBさんは土地を返してくれとは言えないのです。民法は騙されて土地を売ったBさんと、何も知らないで土地を購入したCさんを天秤にかけるとCさんを勝たせるんです。騙されたBさんになんか下心があったのでないかと、厳しめなんですね。もちろん反対解釈でCさんがAさんの詐欺を知っていたらBさんの取り消しは有効となります。今日は何でこんな話を書いたかというと、知人の弁護士バッジを眺めていたら天秤の模様だったので、なるほどそういう事かと、ついつい行政書士試験の為に勉強した民法の条文で善意悪意を復習してみたら熱くなってしまいました。次回は一般的善意について書くつもりです。
2019年08月01日 14:41

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

相続・在留資格
湘南・茅ヶ崎

行政書士 茂村潔事務所

〒253-0024
神奈川県茅ヶ崎市
平和町8-16

0467-87-4718

受付時間 10:00~18:00
土・日・祝日定休

行政書士 シゲさんのブログ  士業仲間のホームページ

日々の出来事

モバイルサイト

行政書士 茂村潔事務所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら