行政書士 茂村潔事務所|湘南・茅ヶ崎

中国語通訳が在籍、初回相談は無料。相続関係・入国管理・在留資格取得ならお任せください|神奈川県茅ヶ崎市

ホームスタッフブログ ≫ 表現の自由 ≫

表現の自由

https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4822309005082019CR8001-PB1-2
憲法 第二十一条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
皆さんは今の日本で表現の自由が守られていると思いますか?表現の自由、言論の自由と言っても、絶対的に無制限に許されるものではなく、公共の福祉を侵害するような自由はないことは過去の裁判においても判示されています。その通りだと思います。では言論が公共の福祉ではなく公権力によって抑制されるような事も現代日本では起きていないと言えるでしょうか。今週報道されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展」が中止になりました。実行委員会会長の愛知県知事と会長代行の名古屋市長が、表現の自由を保障する憲法21条を巡って鋭く対立しています。詳細は今週の新聞等をお読みになっていただければ思いますが、興味深いのは愛知県知事と名古屋市長が元国会議員で2011年に共に知事と市長に出馬し圧勝した盟友であり、今回の騒動も実行委員会会長と代行という立場で対立しているという関係です。知事は市長を検閲だと非難しています。検閲に当たるかどうかは別にして、私の個人的な意見としては、やはり市長が独自の日本国民の心を踏みにじるという考えを理由に展示の中止を求め、関係者に謝罪を迫ったのは、権力の濫用に他ならいと思います。公権力が展示内容にOK,NGを出すようになれば、いずれお上の意向にそったOKになるものしか出せなく暗黒の時代が来てしまうのではと、心配になるのは私だけではないと思うのですが・・・。
 
2019年08月07日 15:28

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

相続・在留資格
湘南・茅ヶ崎

行政書士 茂村潔事務所

〒253-0024
神奈川県茅ヶ崎市
平和町8-16

0467-87-4718

受付時間 10:00~18:00
土・日・祝日定休

行政書士 シゲさんのブログ  士業仲間のホームページ

日々の出来事

モバイルサイト

行政書士 茂村潔事務所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら